Sponsored Link

小学生になり親には見えない友達関係があり時には喧嘩をして帰ってくる時もあります。

その時に親はどのように対応するのがいいのか悩みますよね。

昔は、小学生の喧嘩に親が出る事なんてあり得ない事と考えられてきていましたが今は小学生の子供の喧嘩に親が出て行くのが当たり前という感じになってきています。

ですが、親が小学生の喧嘩に出て行くと余計にこじれてしまい大きな問題になりかねないですし小学生の間の喧嘩は子供にとって必要な事です。

喧嘩をして学ぶ事もありますし子供にとって、その喧嘩をした事で相手の痛みや自分の悪い部分が見えたりする事だってあります。

自分で解決策を見つける事もできるようになってきます。

小学生の女の子と男の子ではやはり喧嘩の仕方が違うので小学生の喧嘩ってどういう物があるのかをまずは知っておいた方がいいと思います。

Sponsored Link

小学生の喧嘩

まず、男の子の喧嘩では物の取り合いや体力がある体が大きいなどでドッジボールなど遊びの中で喧嘩に発展してしまう事はあります。

というのも、ドッジボール上手いという理由で不利な状況になせられたりする事で不利な状況にさせられた子が怒って喧嘩になってしまう事があります。

他にも喧嘩の原因は色々とあると思いますが男の子の場合女の子と違い言葉が上手くでてこなかったりするので手を出してしまう子がいます。

なので、殴り合いの喧嘩に発展する事もあるのです。

女の子の場合も物の取り合いもあれば好きな人が被った・自分の好きな人と仲が良いなどの理由から喧嘩に発展する事があります。

ですが、女の子の喧嘩の場合手が出るという事はほとんどなく口喧嘩になる事が多いです。

男の子より女の子の方が口が立つので女の子は喧嘩になれば言いたい放題言ってしまう事だってあり喧嘩をし悲しい思いをする事が多いです。

まれに、暴力的な女の子もいますが、ほとんどの場合手が出るという事はほとんどありません。

男の子の喧嘩で目に見えてケガをして帰ってきて聞いてみたら”◯◯君と喧嘩をした”と言いケガをしている事から親は大騒ぎになってしまいます。

女の子もすごく落ち込んで帰ってきて聞いてみれば”◯◯ちゃんと喧嘩をして学校に行きたくない”などという事があるかと思います。

その時親はどう対処するべきなのでしょうか。

小学生が喧嘩した時の親の対応の仕方

小学生の喧嘩に親が出ていく事が多くなっていますが小学生の喧嘩に親が出て行く事はダメです。

子供は”ごめんね”と謝る事ができれば数分後には仲良く遊んでいる場合が多いですし喧嘩をした事でより仲がよくなる事があります。

ですが、親が子供の喧嘩に出て行ってしまうと親同士の問題にも発展しますし子供のようにすぐに仲良しなどわだかまりもなく終わるという事がなかなかできません。

なので、まずは子供の話をしっかり聞く事です。

そして、聞いてあげたら、その場でアドバイスをするのではなく子供の方から”どうすればいい?”などのアドバイスを求めてきてからアドバイスしてあげてください。

子供が喧嘩をしたと聞けば早く解決してあげたくなってしまいますが、まずは自分で考えるという事が必要ですし、そうする事で問題が起きた時に自分で解決策を考えるという事ができるようになってきます。

子供より先に「こうしたらいいよ」「こうしなさい」というような事を言わずに、まずは親が落ち着き見守ってあげる事です。

女の子の喧嘩だと母親が1番どのように対応すればいいかわかると思いますが男の子の喧嘩の場合母親にはわからない部分もあるので旦那さんに1度聞いてみるのもいいですね。

母親にとっては大騒ぎしてしまいそうな喧嘩でも旦那さんである男の方からすれば男の子ならそれぐらいの喧嘩は普通という事だってあります。

なので、男の子の喧嘩は旦那さんに聞くという事がいいかと思います。

女の子の喧嘩の場合は1番理解してあげれるのは母親なのでしっかり話を聞いてあげ見守りアドバイスを求めてきたり思い悩んでいる感じだったらアドバイスをするだけでなく一緒に解決策を考えてあげましょう

小学生の喧嘩を親が見守るのも大事な事ですが親が出ていかなければいけない喧嘩の時もあります。

親が出ていくべき小学生の喧嘩

小学生の喧嘩の親の対応の仕方は基本的には見守る事が大切ですが、親が出ていく必要がある喧嘩もあります。

相手の親が出てきた

相手の親が出てきた場合ですね。

今は小学生の子供同士の喧嘩に親が出てくるという事が増えているので喧嘩相手の親が出てきた場合は親が出て行く必要があります。

相手の親が出てきた場合、相手の親は基本的に自分の子供の話だけを聞いて出てきます。

なので、まずは自分の子供はこのように話しているという事を相手の親に伝える事が大事です。

そして、親同士の喧嘩になってしまわないようにどのように対応するか親同士で考え子供に任せるなどの結論を出す事です。

両成敗にする事ができるなら両成敗にした方がいいですね。

殴り合いの喧嘩になってしまった

これは特に男の子の方が多いと思いますが殴り合いの喧嘩になった場合自分の子供がケガをしている事だけを考えるのではなく相手の子供もケガをしているのではないかと考え、相手の子供の家庭に電話し事情を説明しケガの状況を確認する事が大事です。

お互いに大したケガではない場合は子供に任せる方がいいですね。

子供に任せるとこちらが思っていても相手の親が思っていない場合は話し合いをし、両成敗にしてしまうのがいいです。

どちらも手を出している分けですから両成敗になる事がほとんどだとは思います。

喧嘩の原因が自分の子供にあれば謝るように言えばいいです。

物や危険な物を出してくる

小学生の喧嘩でも危険な物を出してくる子供もいます。

この場合は即座に親が対応する時ですし対応しなければいけない時です。

親が子供同士の喧嘩に出るのはどうなのかと考える事もなく、相手の親や学校に事情を説明し喧嘩をする事はいいが危険な物を出すのはどうなのかという事を言わなければいけません。

危険な物を出しただけで何もするつもりはなかったとしても子供ですから何があるかわかりませんから、この場合はしっかり親が対応し相手の子供に危険な物を出す事はいけない事は教えなければいけません。

万が一という事がありますから。

このように、親が出ていかなければいけない場合もありますが基本的には小学生の喧嘩に親が出るのではなく見守る体制でいましょう。

親が出ていくのは相手の親が出てきた時や危険な物を出してきた時などの最小限にし基本は見守り自分で解決策を考えさせるようにしていきましょう。

小学生の子供は「自分がされた事は話す」が「自分がした事は話さない」事が多いので十分に話しを聞く必要があります。

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事